合格するための勉強法

日商簿記2級合格への効率的な勉強法!

効果的な勉強法というのは色々ありますが、どの勉強法が良いのかは
その人のタイプによっても異なり一概に言えません。
ですが、日商簿記2級の勉強法で、必ず守って欲しいポイントがあります。
それは、知識をインプットする時間よりも問題集でアウトプットする時間を増やすことです。
割合的には、6:4、7:3くらいで問題集の勉強時間を多くしてください。

日商簿記2級の試験というのは、難しい計算はほとんどありません。
試験で電卓を使うことができるので、計算自体は小学生でも可能です。
では何が難しいのかと言えば、計算するまでの仕分けや仕組みを理解することです。
そこをどれだけ正確に理解できるかが合否の分かれ道になるのです。

そのためには、テキストで知識をインプットするだけでは中々追いついてきません。
特に工業簿記の場合は、多くの問題に触れて様々な解法を知ることが重要なのです。
そうすることで、ある程度パターン化されていることに気づき、
スイスイ問題を解いてく事が可能になります。

そこで重要になるのが、過去問演習です。
過去問には、これからあなたが受検するであろう、試験問題へのヒントが沢山詰まっています。
もっと具体的に言えば、過去問を完璧に解けるようになれば、本試験で合格できると
力が身につくのです。
この過去問演習こそが、合格できる力を見つけられるもっとも効果的な方法です。

とはいっても過去問だけ勉強していては駄目です。
あくまでも基礎知識を理解した上での勉強だという事を忘れずにいて下さい。

基礎知識を理解していないのに問題演習ばかりやってしまえば、理解が曖昧になり、
類似問題に対応できなくなります。
また、各専門用語の意味を理解してないと問題自体解けません。

ですので、皆さんは、テキストで基礎知識を身につけ、
その後はひたすら問題演習を繰り返す勉強をすることになります。

ここで説明したことは絶対に忘れないで下さい。

日商簿記2級に合格するための肝になります。